プログラミング

未経験:最短でエンジニア:プログラマーになるための簡単3ステップ

こんにちは、かないゆうきです。

 

「他職種からプログラマーに転職できるの?」
「未経験の学生でもエンジニアとして就職できるの?」

と言った質問を最近よく聞きますが、僕はこれに対して「的確な段階を踏めば誰でもなれるよ」と即答しています。

現在、学生の傍らフリーランスエンジニアとして活動しつつ、ITベンチャーでエンジニアとしてインターンもしています。先日は、個人的な案件で単発28万円ほどの案件も受注しました。

なぜ、たった3つのステップをしっかりと踏むだけで、エンジニア・プログラマーになれるのか。

今回は僕が経験したことを踏まえて、未経験でも「最短」でエンジニア・プログラマーになる方法をご紹介します。

 

あわせて読みたい
大学生が絶対にプログラミングを学ぶべき:驚きの4つの理由とはこんにちは、かないゆうきです。 現在の経済の流れと人口分布、世界の情勢を見てみると、『プログラミング・エンジニアリング』の...

 

プログラミングをやってみよう

エンジニア・プログラマーを目指すのであれば、まずは実際にプログラミングに手を出してみましょう。当たり前ですね。

営業などの他の職種を経験したことのある方は、この段階で自分に合うか合わないかも判断できるかもしれません。

ここでプログラミングが絶対に合わないと感じた方にはプログラマーになることをおすすめしません。なぜなら、プログラマーとして就職すると、1日7時間以上はPCに向かってコードを書いているわけですから。

 

初心者にオススメのWEBサービス

プログラミングの知識が全くない方は、まずは『Progate』で「Ruby」か「Python」を選んでやってみるといいでしょう。

あわせて読みたい
未経験者がプログラミング言語を選ぶときの注意点:Web系がおすすめこんにちは、かないゆうきです。 「プログラマーになってリモートワークとかしたいな・・・。」 「でも具体的にどの言語を学べ...

実際に、僕のプログラングへの入り口も「Progate」で、これが大正解でした。

『Progate』は、分かりやすいスライドに加えて、実践的に手を動かして体で覚えるスタイルです。理論だけ身につけても、実践を積んでいかなきゃ本当の力は身につかないですもんね。

また、初心者のつまづきやすいポイントを開発側が熟知しているため、ひつじ仙人(キャラクター)が繰り返し教えてくれるような形式となっています。

 

<学習イメージ・スライドはこちら⤵︎>

※「PHP」や「Go」などの選択肢もありますが、最初に手を出すには難易度が高いように感じます。ちなみに「Java」という言語は求人数も案件数も多いですが、Javaエンジニアの労働環境が悪いのでおすすめできません。

 

>> Progateの無料登録はこちら

 

 

IT業界について知ろう

エンジニア・プログラマーとしてIT業界に就職する上で、就職先には大きく分けて2つの選択肢があります。

  • 自社サービスを開発をしている会社
  • SIer(受託開発)のSEを抱えいている会社

の2つ。オススメは「自社サービスを開発している会社」です。詳しく見ていきましょう。

自社サービスを開発している会社

「メルカリ」や「楽天」「アマゾン」などの、自社のサービスを開発から運用し利益を生み出している企業がこれに当たります。いわゆるベンチャー企業ですね。

彼らが使っている言語には「Ruby」や「PHP」「Python」「Go」といったWEB系のプログラミング言語が多いです。オススメの言語は「Ruby」です。

自社でサービスを開発している会社を選ぶメリットは、労働環境がいいからです。なぜなら、エンジニアが会社にとって最も重要であるからです。自社サービスはプロダクト(開発エンジニア)が命です。

具体的には、給料が良いか給料以外の労働環境が良いか(リモートワーク可など)のどちらかです。もちろん、優秀なエンジニアには両方を提示されていますが。

しかし、優秀でなくともある程度稼ぐことができて、良い労働環境を手に入れることができるのがWEB系エンジニアの良いところです。ちなみに、この背景には慢性的なエンジニア不足という問題があります。

SIer(受託開発)のSEを抱えいている会社

日本での有名どころでは「日本オラクル」や「NEC」などがこれに当たります。いわゆる「SIer」と呼ばれる企業です。

こちらに就職すると、主にSE(システムエンジニア)という形で働くことになります。また、自社開発している企業が「Ruby」などのWEB系の言語を使う一方で、こちらは「Java」や「C#」という言語で開発していることが多いです。

こちらへの就職を目指す際に気をつけるべきポイントは「SIerの企業規模」と「プロジェクトの大きさ」の2つです。SIerでSEとして働いている方からは、「受託系の仕事は残業が多く過酷なところが多い」ともよく聞きますのでお気をつけください。

企業規模 プロジェクト規模 SEとしての仕事内容
大手SIer 大規模 業務分析、コンサルティング、下請けの発注と受入作業、プロジェクトマネジメントなど
中堅SIer 中規模 大手Sierの下請け作業などの全工程
零細SIer 中規模or小規模 中堅Sierの下請け作業などの全工程

 

  • 大手SIerでは下請けに発注+プロジェクトマネジメントが中心となり、開発スキルは身につきにくい
  • 中堅SIerまたは零細企業の大規模プロジェクトでは下請けになることが多く、下流作業が多い

 

結論:WEB系のベンチャー企業がおすすめです。

 

転職支援付きのプログラミングスクールに通おう

上記で、プログラミングに触れて、IT業界に転職する際の会社と業務内容について知ることができたら、いよいよ本格的に動き出しましょう。

転職・就職支援付きのプログラミングスクールに通いましょう。

プログラミングスクールの中には、転職や就職をサポートしてくれるサービスがあります。エンジニア・プログラマーになりたいのであれば、卒業後に転職先や就職先を紹介してくれるプログラミングスクールがおすすめです。

エンジニア・プログラマーとして転職支援を受けようとなると、基本的には20万円〜40万円の費用がかかりますが、転職や就職した際に給与がアップすること間違いありませんので余裕でペイできるかと思います。

中には「転職キャッシュバックで0円!」というサービスもありますが、あまりおすすめできません。これについては後日記事にする予定です。

独学してもいいですが、無駄に時間がかかってしまい、転機を逃す可能性の方が高いように感じます。転職するなら絶対に早い方がいいのではないでしょうか。

 

あわせて読みたい
プログラミングの独学は難しい:無理ではないけど難しい4つの理由こんにちは、ぽんこつです。 僕は、プログラミングスクールを有効に使うことで、WEBアプリケーションやWEBサイトを作れるよ...

 

転職支援付きのおすすめのプログラミングスクール

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ

料金:100,000万円
形式:通学orオンライン
期間:3ヶ月
転職支援:○
必須条件: HTML,CSS,JavaScript,Ruby, on Railsの学習経験がある方

※転職で全額キャッシュバックあり

これまで、約3000名以上のエンジニアに選ばれ、転職支援ノウハウの詰め込まれた転職サポート付きエンジニアスクールです。

ジョブチェンジを望む方に、ポテパンキャンプをおすすめする理由は「料金の圧倒的な安さ」と「実務に沿ったカリキュラム」です。

しかもこの受講料が、ポテパンキャンプ経由で転職することで『無料』にもなります。

エンジニア・プログラマーに転職したい方には、間違いなくおすすめです。

  • 未経験者は20代限定(30代は経験者のみ)
  • 教育レベル(カリキュラムレベル)が高く初心者には厳しい可能性も

>> ポテパンキャンプのはこちら

 

 

TechAcademy

TechAcademy

料金:128,000円〜279,000円(学生・89,000円から)
形式:オンライン
期間:1ヶ月〜4ヶ月
転職支援:△

※転職支援利用で100,000円キャッシュバックあり

TechAcademyでは、自分のオリジナルサービスやアプリを開発しながらプログラミングを実践的に学んでいただき、わからないことはいつでも現役エンジニアのメンターにいつでも相談することができます

現役のプロから学べるのはとても良いですね!

また、TechAcademyでは最終成果物の発表会も行っています。受講者たちが自分の成果物をIT企業のCEOに発表出来る機会があるのです。これは他のスクールにはない特徴になっています。

もちろん転職支援も、TECHACADEMYキャリアとして行っています。

無料体験も実施していますのでぜひご覧ください⤵︎

>> TechAcademyの無料体験に参加してみる

 

 

TECH::EXPERT

TECH::EXPERT

料金:448,000円(24回払い・月々22,000円)
形式:通学
期間:3ヶ月(500時間~600時間)
転職支援:◎

TECH::EXPERTでは「誰もがエンジニアになれる場所」を提供し、プロのスキルが身につく学習プログラムとキャリア支援により、未経験からのエンジニア転職を実現しています。現在では、未経験の97%の受講生がエンジニアとしての転職に成功し、2016年6月開始より転職成功者数は250名以上となっています。

TECH::EXPERTをおすすめする理由は、「未経験から習得可能な、カリキュラムの圧倒的な分かりやすさ」と「転職時のサポートの手厚さ」です。

通常の人材紹介では、スクールもお金を稼がなくてはならないので、人材の紹介がメインとなってしまっていて、教育がおざなりになりがちです。しかし、TECH::EXPERTは教育がメインとなっています。そのため、一度入るとエンジニアとして就職できるまで教育するため、自然と転職が決まっていきます。

ちなみにTECH::EXPERTでは、前職を辞めてから受講したり割と高額な受講料を親から借りてまで工面する方など、覚悟を持った方が多くいます。そのため、周りの環境に左右されがちな方にはおすすめかもしれません。

引用元:TECH::EXPERT

>> TECH::EXPERTの無料カウンセリングに申し込む

 

 

紹介したプログラミングスクールはこちら⤵︎

 

終わりに:最短距離で突っ走ろう

しっかりと上記の3ステップを踏めば、ある意味、誰にでもエンジニアになることが可能です。未経験から転職できた方の中には、この方法が一番多いです。

逆にこのステップを踏まずに挫折する人や、プログラミングが嫌いになる人も多く見てきました。

僕もはじめは独学していましたが、プログラミングスクールに入ってからは多くの時間をかけずにエンジニアとして独立することができました。正攻法から遠ざかれば遠ざかるほど理想の状態になるのに時間がかかりますし、難易度も上がります。

エンジニア・プログラマーとして転職したいのであれば、まずは無料のサービスで基礎を真備、その後は使えるリソース(転職支援など)は全て使っていきましょう

 

あわせて読みたい
未経験者がプログラミング言語を選ぶときの注意点:Web系がおすすめこんにちは、かないゆうきです。 「プログラマーになってリモートワークとかしたいな・・・。」 「でも具体的にどの言語を学べ...
あわせて読みたい
初心者におすすめのプログラミングスクール3つ:独学→スクール経験者が語るこんにちは、かないゆうきです。 日本では「将来的なエンジニア不足」が深刻化すると言われ、2020年からプログラミングが小学...