海外

フィリピンに移住することは可能なのか?生活におけるメリットとデメリットを考えてみた

こんにちは、ぽんこつです。

 

突然ですが、2週間ほどフィリピンへ行ってまいりました。

そんなこんなでなんとか生活していたわけなんですが、楽しいのなんのって。

フィリピンへ行って来ました

渡航の4日前にフィリピン行きが決まりかなり慌ただしくしてましたが、無事に行って帰ってくることができたのでブログに綴ってみようかなと。

サウスピーク×いなフリのコラボ企画に参加した

※サウスピークとは「本気留学」を掲げる真剣な人が集まる語学学校です。フィリピン・セブに位置し「オリジナル校舎」「プレミアム校」「日本語禁止校」の3校舎を運営する最大規模の語学学校です。

それでですね、「語学留学という形で」というのは「どうせ行くなら何か学んでこよう」ということで、語学学校にも通うことに。

田舎フリーランス養成講座ってご存知ですか?

今回はそんな田舎フリーランス養成講座を運営している方が『海外フリーランス養成講座』というのを開催しようというので参加してみようと思ったわけです。

 

講座内容がこちら

  • 海外を拠点に自由に働いてみたい。好きな国で仕事してみたい。
  • 現地で生活できるほどの英語力はない
  • 海外の生活環境がどんな感じか分からない
  • 海外にいてもできるような仕事のスキルが身に付いていない

など、たとえ独立して仕事をできていたとしても、海外を拠点にするのは相応の気合が必要です。そもそも、海外で働きたくても、それを叶えるスキルが身についていないかもしれません。

もっと気軽に、海外でフリーランスとして挑戦できるようにしたい。英語を学ぶだけではなく、フリーランスとしてのスキルも高めたい。

その想いを実現するために生まれたのが「海外フリーランス養成講座」。

海外で必須となる英語力を身に付けながら、どこにいても働くことができるスキルを学ぶ。2週間のセブ島留学で、英語と稼げる力を伸ばしませんか?

というものになっております。いや、なっておりました。笑

 

実際にフィリピンで生活して感じたこと

フィリピンで生活するメリット

  • 海が綺麗
  • 年中暖かい
  • ご飯が美味しい
  • 花粉症がない
  • 陽気でいい人が多い
  • 生活コストが日本に比べて安い
  • 治安が悪くない

細かく見てみると下に行くにつれて移住する上でかなり必須、魅力的に感じます。

治安と生活コストは個人的に譲れない点です。うーん、いや、ほとんどの方が譲れないかなと。

そして人が陽気なことや花粉症がないことはとても魅力的に感じました。当たり前ですが、毎日が楽しいのはとても楽しい(語彙力どこいった)。

また、ご飯には期待していなかったのですが、どこで食べても割と美味しかったです。

特にショッピングセンターに隣接してる屋台は1食150円ほどでお腹いっぱいに。

さらに、花粉症もないですし、体温が低く冬が苦手な私にとって暖かいのは幸せです(笑)国内でバスケが人気な点も個人的にかなり嬉しいですね。

 

デメリット

ここからは旅行、移住する際に気をつけたほうがいい点をあげていきます。

  • 水道水は飲めない
  • 街のトイレにペーパーがない
  • 車社会による排気ガスで空気が汚い
  • 野菜が摂りづらい

ここでデメリットを4点ほどあげましたが、4つ目の問題以外は解決できました。

まず、至るところやお店にボトルウォーター(安い)とウォーターサーバーがあるので飲み水に困ることはありませんでした。

気になるトイレットペーパーですが、基本的に外出先で大きい方はしなかったのですが、一度だけ我慢できずにペーパーを買いました。安いからいいかな(笑)30円くらい。お腹が弱い方は持ち歩くことをお勧めします。

そして、車とバイクの数が尋常じゃないので、街中と時間帯によっては排気ガスがすごいです。気になる方はマスクを。海沿いは空気が澄んでて気持ちいですが。

最後に、野菜は本当に摂りずらい。日本ほど新鮮ではなく安全面を確保できないため生モノは避ける必要が出て来ます。そもそも野菜が少ないので栄養不足を補うためDHCのサプリメントとフルーツで栄養をコントロールしたいました。ちなみにフルーツはどこでも手に入ります。特にバナナとマンゴー。後はゴーヤ。(それは野菜じゃ)

という感じで90%くらいは解決しました。笑



今回は経験しなかったが気になること

  • 病気や怪我時の医療機関

フィリピンで出会った友人は食事でアレルギーにあたり、入院することになってしまいました。このあたりどうだったのか、次回会った時に聞いてみたいと思います。

  • 移住する際の費用や税金

日本に収める税金と、フィリピンでかかる諸々の費用を今後計算してみたいと思います。

 

まとめ

外部環境だけ見ると、フィリピンへの移住はかなりおすすめです。というか移住したいです。

大学卒業と同時に海外に移住することを目標としているので、その際には候補の一つになるのではないかと思います。