ミニマリズム

ミニマリストになるべき理由とは?簡単にミニマリストになる方法

こんにちは、ぽんこつです。

 

ミニマリストになってみたいけど、具体的に何をすればいいの?

という方に向けて、ミニマリズムを人生に取り入れるメリットとその方法をお教えします。

 

多くのモノは必要ないことに気づく

僕は多くのモノに囲まれる経済的に裕福な家庭に生まれました。欲しいモノは比較的になんでも手に入りましたし、習い事なども全てやりたいと言えばせてもらえました。子供ながらに経済力って大事だなと感じた記憶があります。

しかし、それも長くは続かず、僕が18の時に父親の会社が倒産しましたこれまでの生活とは打って変わって、欲しいものがあっても我慢、したいことがあっても我慢という生活が続きました。

そんな生活が続く中、『Minimalism : A Documentary About The Important Things』という映画に出会いました。

 

 

この映画を通じて、ミニマリズムに興味を持ち、消費活動に対しても少しづつ考えるようになり、ミニマリストに興味を持ち、モノを整理して、人間関係を整理してみて、

「楽しく生きるのに多くのモノは必要ないんだ」と気づきました。

僕は、モノに溢れている現代の先進国に住む99%の人は、 各々の適量を見極めモノを減らす必要があると感じています。

現に、ミニマリズムを継承している方の多くは、所有するモノをかなり減らし最小限に抑えて生活しています。

 

本当に大切なモノを見失わないために

あなたの人生において本当に大切なものはなんですか?

もしあなたがこの質問に即答できるのであれば、ミニマリズムは不要かもしれません。

ぼんやりと考えたことはあるけど、はっきりとは分からない。しっかりとした答えがない方も多いと思います。普段からここまで突っ込んだ話を誰かとすることは稀でしょう。

少し考えると出てくるのは、愛、お金、時間、名誉、健康、社会貢献、世界平和などでしょうか。

私の場合は、『家族と趣味に使う時間』です。

実は、人生において本当に大切なモノを書き出してみると、思っているほど多くありません。

さらに、本当に大切なモノは普段生活している上で、あまり意識されていません。

また、モノに溢れた生活を続けていると、本当に大事なものを見失ってしまうことも珍しくありません。上記の映画『Minimalism』でも、物質的な豊かさは幸福度に比例しないと述べられています。

『Minimalism : A Documentary About Important Things.』の中に、僕の好きなフレーズがあります。

すべての所有物には目的があり、喜びをもたらしてくれます。

自分の人生に価値を与えてくれるかが大切です。

そうでなければ、手放す必要があります。

ここまで激選したものだけに囲まれた生活は、とても清々しいと思います。

 

3つの○○を整理をする方法

様々な角度からミニマリストになるために行う、整理して減らすということを簡単に実践してみましょう。

モノを減らす

・多くの服は不要です。1年以上着ていない服は全て捨ててしまう

・同じカテゴリーを3つ以下に抑える
(靴3足、アウター3着、シャツ3着、パンツ類3着、Tシャツ3着など)

・本棚を捨てて電子書籍(Kindle)に乗り換える

・外出時の持ち物を必要最小限にしてみる

・使っていないモノは全て手放す

・絶対に地面にモノを置かない

・チラシを投函させない(受取拒否のシールを貼る)

・すぐにメルカリ、ヤフオクで売る

人間関係を整理する

・他人は他人、自分は自分ということを受け入れる

・本当に大切にしたい人が誰かを認識する
(何があっても味方になれると思うような人を紙に書き出してみる)

・SNSを断ってみる(Instagram,Twitter)など

・関わっていて楽しくなる人とだけ付き合う

・不快感を感じたら関わらないことを徹底する

メンタルを整理してストレスを減らす

・消費行動より生産行動を楽しむ

・しっかりと睡眠時間を確保する

・ストレス原因を分析してなるべく断つ

・疲れたと感じたら1週間くらい身体を休めてみる

 

おすすめの書籍

これらの書籍には、ミニマリズムで人生を豊かにするメソッドが詰まっています。

ミニマリズムに興味を持った際にはぜひ読んでみてください。